わきが対策局

わきが対策!気になる臭いをシャットアウト!

気になるわきがの臭い・・・ツンと鼻を刺すあの独特な臭いに悩んでいる人は多くいます。医療機関でのケアという手段もありますが、まずはわきがクリームを試してみることをお勧めします。さっとひと塗りするだけで、誰にも知られることなく臭いのほとんどをシャットアウトしてくれる、そんな手軽さがわきがクリームの魅力です。

失敗しないためのわきが対策クリーム選び

わきが対策クリームとひとくちに言っても、価格や成分、クリームの質感などそれぞれに特徴があります。わきが対策を快適に行うためにも、やはり自分に合ったものを選びたいですよね。わきが対策クリームを選ぶ際にはどのようなポイントに注目して商品を選ぶべきなのでしょうか。

わきがの臭いはクリームで対策できる!【わきが対策クリーム選びのポイント】

わきが対策クリーム選びのポイント
わきが対策クリームが効果を発揮するかどうかのポイントは、間違いなく配合されている有用成分に左右されるでしょう。 臭いを抑えて、さらには臭いのもととなる汗や皮脂もしっかり抑制してくれる有用成分配合のものがベスト。 また、塗ったら完治するというものではない、あくまでも『対策』のため、クリームは継続して使い続けることが大切です。 価格も気になるところです。1本の価格も1年間の費用に換算すると、大きな開きが生まれます。商品の価格にも着目して選ぶようにしましょう。値段

ドクター監修!わきが知ってしっかり対策!

わきがの原因や症状をしっかり理解しておくことで、わきが対策の取り組み方や、日常生活の中で気をつけるべきことなどが見えてきます。今回はマブチメディカルクリニック院長の馬淵知子先生監修の元、「わきがの原因」「わきがの症状」「わきがの人の特徴」について解説します。自分自身や身近な人がわきがかも…と感じたら、症状や特徴に当てはまるか確認してみましょう。
 
ドクター監修
わきがは体質的なものであり、清潔にしているからといって治るものではありません。
また、臭いが気になってわきがかも…?と思っても、実際はわきがでない場合もあります。
正しいわきが対策をするために、まずはわきがの原因、症状、特徴を知りましょう。
原因とメカニズム
わきがの原因
脇の下からでる鼻につく臭いは、なぜ発生するのでしょうか。わきがの原因とメカニズムを徹底解説!
わきがの症状
日本の場合わきがは健康保険を適用してケアすることができます。その症状はどういったものを指すのでしょうか。
わきがの特徴
わきがの人にはどんな人が多い?!その特徴と傾向を説明します。

男女で違う!わきがの悩み

体臭=男性に多いイメージがありますが、わきがは男性も女性もなる可能性があります。わきがをクリニックでケアする人の男女比でみると男4:女6と、女性のほうが多いほどです。男性と女性ではそれぞれわきがの悩みや、ケアや対策に対する意識も変わってくるようです。
男性のわきが

男性の場合

男性は女性に比べて臭いに無頓着な人が多い傾向が。女性と違って処理をあまりしないわき毛も、細菌を繁殖させて臭いの原因になります。臭いは身だしなみのひとつ。放置していると、出世にも影響してくるかもしれません。
しっかり対策しましょう! 男性はこちら
女性のわきが

女性の場合

クリニックでも増えてきているという女性のわきが相談。わきがや体臭というと、つい男性をイメージしてしまいがちですが、実は女性もわきがになる原因を多く持っているのです。その理由を詳しく解説します。 女性はこちら
子供のわきが

子供の場合

わきがになってしまう子供は近年増えていると言われています。学校でイジメの原因になってしまうかもと、心配する親御さんも同時に増えています。子供の心の傷をつくらないためにも、早めのわきが対策が必要です。 子供はコチラ
 

どう対処する?わきが対策!グッズorケア

わきがの臭いや汗ジミの対策として、主に「対策グッズなどで抑える」、「医療機関でケアする」の2つの方法があります。わきがの症状や悩みの大きさは人によって様々なので、どちらの対策が正解というものではありません。それぞれのメリット・デメリットを把握して自分に合った対策を見つけましょう。

わきが対策グッズ

ケアグッズ
大きなメリットはやはり「手軽さ」です。出勤前や仕事中でもさっと塗るだけで臭いや汗ジミを抑えられるので、時間がない方や誰にも知られずケアしたい方には良いでしょう。また、最近のグッズは高性能なものが多く、臭いのほとんどを抑えてくれるので費用対効果という点でも優秀です。「わきが対策クリーム」のほか、「ジェル」「ボディソープ」「スプレー」などがあります。 わきがグッズはこちら

わきが対策~治療

わきが治療方法
わきがケアは症状によっては保険診療も認められています。ケア法も様々あり、原因そのものを取り除く方法や、切らずにできるケアもあります。費用や持続性、効果などはケア方法によって変わってくるので、もし医療機関でケアを行う場合は事前にしっかりと説明を受けてから臨みましょう。ケア法によっては傷跡が残るなどのリスクを伴う場合もあります。 わきが治療はこちら
 

わきがQ&A

わきがの悩みはなかなか人に相談することが難しいかもしれません。一人で思い悩んでいる人も、とても多いようです。そこで、わきがに悩む人の良くある疑問や質問をまとめました。この中からあなたが疑問に思っている事の答えを、見つけることができるかもしれません。 遺伝 自覚症状 わきがはうつるか 耳垢 年齢 脱毛 再発


このページの先頭へ