わきが対策局

腋臭の原因を知って正しい対策を!

わきが(腋臭)の原因を正しく理解していますか?実は体から発せられる汗自体には臭いはありません。汗にも種類があり、アポクリン腺という場所から分泌される汗の中の成分が分解されることで、臭いが生まれます。わきがの原因を理解して、その原因に正しくアプローチすることは腋臭ケアのために大切な事です。

わきが(腋臭)の原因とメカニズム

原因わきがの臭いにはアポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺といった3つの器官が関わっています。一般的に「汗臭い」と言われる臭いの原因は、エクリン腺の汗に菌が繁殖して発生している臭いです。これにアポクリン腺と皮脂腺が関わってくることでわきがの臭いに変わってしまうのです。まずはこのわきがの原因となってしまう3つの器官について解説します。

わきがの原因を作り出す!3つの器官の特徴

エクリン腺とは
直径約0.4mmで、全身の皮膚に分布している汗腺です。皮膚に1cm×1cmの範囲に約100個あり、全身に230万個あると言われています。皮膚の比較的浅い部分にあり、皮膚の表面に汗を分泌します。ひとつひとつのエクリン腺は小さいのですが、普通の生活をしていても分泌される汗の量は1日に1.5~2リットルもあります。エクリン腺から分泌される汗は99%が水分です。その他にはわずかに塩分などのミネラルを含みますが、基本的に臭いを発するものではありません。しかしかいた汗を放置していると、菌が繁殖し臭いの原因になります。

アポクリン汗腺とは
アポクリン腺は、わきや陰部などの体毛の濃いところにのみ存在します。エクリン腺と比べると10倍ほどの大きさがあり、分泌される汗にも違いがあります。アポクリン腺から分泌される汗はアンモニアや脂肪、タンパク質、尿素など様々な成分を含み、少し粘り気があるのが特徴。エクリン腺は体内の熱を放出し体温調節をするといった役割があるのに比べて、アポクリン腺はその目的や役割が明確にはわかっていません。

皮脂腺とは
毛穴に開口する形で皮脂腺は存在します。皮脂腺からは脂肪分が分泌され、エクリン腺から分泌された汗を混ざることで皮膚に薄い膜をつくり、肌を保護しています。皮脂腺から分泌される脂肪分はアポクリン腺の汗と混ざり合うことによって強い臭いを発生させます。皮脂腺は間接的にわきがの原因となっているのです。

臭いが発生するメカニズム

わきがの原因と最も関わりが深いのが、アポクリン腺から分泌される汗です。まずこのアポクリン汗に含まれる脂肪分やタンパク質が、皮膚の表面にある常在菌によって分解されます。この時に臭いが発生します。

臭いを強くする仕組みが、皮脂腺とエクリン腺にあります。アポクリン汗の臭いは皮脂腺から分泌された皮脂によって強い臭いとなります。そしてエクリン腺の汗に混ざり合い、脇全体に広がるのです。わき毛が多い方などはわき毛に汗がからまると、さらに臭いの原因となる菌が増殖されます。

どの汗も元々はそれほど強い臭いを発しているわけではありません。しかし分泌された後にそれぞれが間接的に臭いを強めてしまう原因となります。臭いを防ぐためにはこの臭いのスタートにあるアポクリン腺による汗に対処しなければならないのです。

監修頂いた先生

ドクター
マブチメディカルクリニック院長
馬淵知子先生
クリニック紹介
マブチメディカルクリニック
東京都 港区海岸1-16-2
インターコンチネンタル東京ベイ830
URL:http://goo.gl/maps/hRp4V



このページの先頭へ