わきが対策局

体臭が強い…臭いの悩みいろいろ

日本人は非常に清潔好きで臭いにも敏感な人が多いからこそ、体臭が強いことで悩んでいる人も多いようです。欧米人の場合、およそ8割の人がわきが体質で、体臭が強いことを気にする人はそう多くないようです。強い香水でごまかしたりしますが、自分の体臭で悩んだりは基本的にはしません。しかし体臭が薄い人が多い日本ではそうはいかないようです。自分でできる臭い対策をはじめてみましょう。

わきがじゃなくても臭いは気になる!体臭の悩み

体臭体臭はなかなか人に相談することができず悩んでいる人は多いようです。

臭いは人間の本能や感情に繋がっています。そのため相手に与える印象が非常に強い要素の一つなのです。体臭によって相手に不快な思いをさせてしまうと、人間関係を損なうことも考えられます。

体臭は自分で自覚するのが難しいので、知らず知らずのうちに相手に不快な思いをさせているケースも少なくありません。気にしすぎると、「自己臭病」といった心の病に繋がる恐れもあるので、過度に意識することは良くありません。しかし最低限人間関係が円滑にいくように、普段から自分でできるケアを少しずつ行っていきましょう。

特に気になる他人の体臭3選

ここでは特に気になりがちな体臭を3つピックアップして解説します。他人の臭いが気になるということは、自分が発している臭いを気にしている人がいるかもしれないということ。徹底ケアしていきましょう。
・足の臭い
足は通常の皮膚の発汗量の3倍から10倍ほど多く、汗を出します。汗がでやすい足は、靴の衛生状態などによっては蒸れて雑菌が繁殖しやすい状態にあります。
・加齢臭
40代を過ぎるころから臭い始める加齢臭。細菌が酸化することで発生する臭いは、抗酸化の働きが衰える高齢になるほど、臭いが強くなりやすいのです。 ・汗の臭い
汗はそのほとんどが水分であることから、本来それほど臭いが強いものではありません。しかし汗を多くかくと、皮膚の上で雑菌が繁殖しやすく、結果、臭いの原因となります。

体臭失敗談

最初に解説したように、日本人は非常に臭いに敏感です。それゆえに、他人の臭いにとても厳しく、臭いが強い人にとってはときにコンプレックスを強く感じることもあるようです。ここでは、体臭で失敗した人の体験談を掲載しています。 辛い経験をする前に、臭いをできるだけケアしたいものです。

18歳・学生・女性
高校の体育の時間に体操服を忘れてしまい、他のクラスの友達にかりました。授業が終わり、その子が次の時間体育の授業があるため、そのまま返すことに。その時脱いだ体操服にすごい臭いがついてしまっていました。自分でも気がついていたし、その友達もその臭いは感じたようです。その後友達の間で、私の体臭がきついと話題になったようで、とても辛かったです。
29歳・会社員・男性
夏の暑い日の夕方、先輩の車で会社に戻ることに。車に乗って早々先輩が「なんか臭くない?腐った臭いする!」と発言。実は私のわきがの臭いが原因で、そのことに気がついた先輩は、その後動揺していて帰りの車内は気まずかったです。
27歳・アルバイト・女性
付き合っていた彼の家に初めて行った時、イチャイチャしていたら「お前くさくない?」と言われました。わきが体質なので気にはしていましたが、ストレートすぎる言い方に、今でもトラウマです。
25歳・会社員・女性
気になっていた先輩とデートの日、自分のブーツがとても臭うことに途中で気がつきました。掘りごたつのお洒落な店を予約してくれていたのですが、ブーツを脱ぎたくなかった私は無理やり隣のイタリアンに入りました。彼は怪訝な表情をしていました。
20歳・学生・男性
部活で着ているジャージから、強い臭いがしていました。僕がわきがだからです。マネージャーが誰も僕が脱いだジャージだけ畳んでくれないのを見て悲しくなりました。


このページの先頭へ