わきが対策局

「加齢臭」~独特の臭いをを予防するには!?

40歳を過ぎた頃から出ると言われている「加齢臭」。「古い本のような臭い」「油臭くてロウソクのロウみたい」と様々な表現がされるように、独特の不快な臭いがします。これは40歳ごろを過ぎると急激に増える「ノネナール」という臭い物質が原因となっています。

加齢臭

加齢臭の原因
加齢臭人間の体には毛穴が無数にあり、その毛穴の中には「皮脂腺」と呼ばれる皮脂を分泌する器官があります。皮脂は肌や髪の毛を守るために必要なものであり、それ自体に臭いはほぼありません。しかしこの皮脂に含まれる9-ヘキサデセン酸は酸化して分解されると、ノネナールという物質が発生します。このノネナールという物質が臭い物質で、加齢臭の原因となります。若いうちはほとんど発生しないのですが、加齢とともにノネナールの発生は多くなります。

加齢臭対策一覧

加齢臭=おじさん、というイメージが強く、おやじ臭とも呼ばれます。しかし、加齢臭の原因となるノネナールは男女関係なく発生します。どのようなケアを行えば、「おやじ臭」を抑えられるのでしょうか。

・臭い対策クリームで予防
臭い対策のグッズは多数市販されています。その中でもクリームは、制汗スプレーなどと違い、汗や皮脂を抑制する働きのある成分を配合しているものが多くあります。加齢臭と密接に関係している皮脂を抑えることで、加齢臭を軽減することが可能になります。
・食生活を見直す
9-ヘキサデセン酸が酸化して発生する体臭は、抗酸化作用のある食品を積極的に取ることで防ぐことができます。抗酸化作用がある成分の代表としては、ビタミンCやビタミンEが挙げられます。
・湯船にしっかり入る
普段あまり汗をかかない生活をしていると、体内に不純物が溜まりやすくなります。この不純物が汗と一緒に対外に排出されるとより嫌な臭いに。湯船に入ることで毛穴が開き、発汗することで不純物も外に排出されやすくなります。暑い時期はシャワーだけで済ませがちですが、湯船につかって汗をかく時間をつくると良いでしょう。

加齢臭は何歳から?

加齢臭が発生し始める時期は、だいたい40代頃です。これは皮脂量の影響で、この頃から皮脂量が多くなるからです。人によっては40代後半や50代に入ってから発生する人もいます。

また、なかには20代から加齢臭が発生する人もいます。これは過酸化脂質の量が多かったり、食生活が乱れている場合が考えられます。

意外に多い女性の加齢臭

女性でも加齢臭は発生します。女性の方が加齢臭が出やすく、臭いもキツイという説もあります。その理由として、女性ホルモンが関係してきます。女性の場合、女性ホルモンが皮脂の分泌を抑制しています。そのため本来は男性の方が、男性ホルモンの働きで多くの皮脂が分泌されて体臭が強くなりやすいのです。しかし女性は更年期をむかえた頃から、急激に女性ホルモンの分泌が減少します。そのことで皮脂が多く分泌されるのです。

男性の場合加齢とともに男性ホルモンも減少するので、加齢臭がだんだん少なくなっていきます。しかし女性は皮脂分泌の抑制が外れたままなので、年齢を重ねれば重ねる程男性に比べて加齢臭が強くなる、というわけです。


このページの先頭へ