わきが対策局

多汗症は心の病気?臭いは気にしすぎないことも重要

多汗症は緊張がしやすい人が発症する、心の病気だと誤解されていた時がありました。しかし多汗症は心の病気ではありません。交感神経が敏感な人が、必要以上に汗をかいてしまうだけなのです。多汗症は体質であることを理解しましょう。また、多汗症の人の汗はエクリン汗という、そのものには臭いない汗です。気にしすぎることなく、少しのケアをすれば臭いもほとんど防ぐことができます。

汗の臭いには種類がある

「汗臭い」という言葉はよく耳にしますが、臭いを発する汗にも種類があります。その汗の種類と臭いの特徴について解説します。

・エクリン腺の汗
エクリン腺の汗は、体の体温を調節するために分泌される汗です。この汗をエクリン汗といいます。エクリン汗は99%が水分のサラサラとした汗で、不純物が少ないことから、通常は臭いの原因にはなりにくいのです。しかしエクリン汗をかいたあとに放置しておくと、皮膚上で細菌が繁殖し臭いを発生させてしまいます。一般的に「汗臭い」と言われる臭いは、エクリン腺の汗によるものです。
・アポクリン腺の汗
わきがの原因ともなる汗腺で、不純物が非常に多く、白みがかったベトベトした汗です。皮膚の上にある細菌によって分解されると、強い臭いを発生させる恐れがあります。鼻にツンとくる腐ったような臭いで、通常の「汗臭い」臭いとは異なります。
・皮脂腺の汗
皮脂を分泌する汗腺です。適度に分泌される皮脂は、皮膚を覆いコーティングのような役割を果たします。潤いを守り、肌や髪の毛などを保護する大切な働きを担っています。エクリン汗やアポクリン汗と混ざると、臭いを強めてしまいます。

汗が出過ぎる多汗症とは

多汗症とは、必要以上に汗が出てしまう症状のことを言います。しかし、よく言われる「汗っかき」とは違います。汗が出る原因は、運動をしたり温度が暑かったりして体温が上がった際に、体温調整のために分泌されます。汗っかきの人はこれらの変化に敏感で、ちょっとした変化で人よりも多く汗をかいてしまう人です。

多汗症の場合、このような体温調整が必要ないときでも大量の汗をかいてしまいます。

緊張多汗症は精神的な病と誤解されることも多いです。心を落ち着かせられないから汗が止まらないと考えられることもあったのです。しかし多汗症の人はリラックスした状態であっても、汗を多くかいてしまいます。朝起きて、交感神経が普通に活動し始めただけでも大量の汗が出始めたりもします。

場合によっては日常生活に支障がでる場合も多いようです。手の汗が多いことで「テストの用紙が破れてしまった」「パソコンが壊れてしまった」、「好きな人とデートをしたけれど、汗が気になって手を握れなかった」などの経験をした人もいるようです。

多汗症対策一覧

多汗症は体質的なものであったり、ホルモンバランスの乱れが原因だったりする場合がありますが、いずれにしろ、簡単に自然治癒するものではありません。ここでは、多汗症の人にも汗っかきの人にもおすすめしたい対策法を紹介します。

・汗の臭いを抑えるクリーム
市販のデオドラントクリームは、朝塗れば一日中臭いを気にしなくてすむほど持続性が高いものもあります。多汗症は大量の汗と、肌の細菌が混ざり合うことで臭いが発生してしまいます。臭いとともに発汗も抑えることのできるクリームがおすすめです。
・食生活を見直す
食生活によって体臭は大きく変わります。特に動物性のたんぱく質は、臭いの元になりやすいです。海外のベジタリアンの中には、少しでも体臭を軽減することを目的にしている人もいます。肉類を減らして、野菜などから食物繊維を多く取ることで体臭の軽減に繋がります。

・適度な運動
適度な運動は、体の巡りを良くします。エアコンが効いている室内にいるなど、現代の日本人は汗をかく機会が非常に少ないです。すると体内に不純物がどんどん溜まっていってしまいます。適度な運動をすれば、血行が良くなることが期待できます。汗をかくことで、不純物が外に排出されて臭いの元も流れ落ちます。


このページの先頭へ