わきが対策局

ミョウバンでわきが対策

ミョウバンは、わきが対策のひとつとしてよく取り上げられます。ミョウバンには肌を引き締める効果があり、わきが臭の元となる汗腺も引き締めるため、汗の分泌を抑えます。どこでも手に入れることができ、スプレーやお風呂に入れて使うなど応用しやすいのも魅力です。

ミョウバン

ミョウバンで作れるわきが対策グッズを紹介します。市販のミョウバンは比較的どこでも購入することができますが、いくつか種類があります。その中でもカリウムミョウバン(焼きミョウバン)を使用するようにしましょう。

ミョウバン水
ミョウバン水の作り方は簡単です。ミョウバン50gに対して水道水を1.5リットル入れましょう。常温であればすぐに溶けるので、特にかき混ぜる必要などはありません。1か月ほどを目安に使い切るようにしましょう。飲料水よりも水道水の方が、腐ることなく長期間保存するのには適しています。冷蔵庫等の涼しい場所に保管してあげることもポイントです。

ミョウバンスプレー
上記で作ったミョウバン水を使用します。ミョウバン水を更に2倍~50倍に薄めましょう。薄める倍率によって効果が異なりますので、臭いのレベルに応じて濃度を決定してください。人によっては濃度が濃い場合に、肌がかぶれる恐れがあります。少量のミョウバン水でパッチテストをおこなってから使用すると良いでしょう。

ミョウバン風呂
お湯をはった湯船に、ミョウバンを1,2g入れるだけで完成です。ミョウバンは体のあらゆる部位の臭いに効果があります。お風呂に入れることで、体全体の臭い防止に役立ちます。

ミョウバンがなぜ臭いを抑えるのか

ミョーバンミョウバンは古くから体臭を抑える力があるとされてきました。なぜ臭いを防ぐことができるのでしょうか。また、体に使用して大丈夫なのでしょうか。

肌の引き締め作用
ミョウバンには肌を引き締める作用があります。毛穴が引き締まることで汗の分泌を防ぐことができ、またわきがの原因となっているアポクリン腺も引き締めるので、原因となるアポクリン汗の分泌も抑えることができます。

臭いの原因をブロック
まずミョウバンは水に溶けると酸性になるという性質を持っています。臭いが気になるわきに塗った場合、その部分は酸性になります。臭いの原因菌は酸性を嫌うため、臭いが弱まるのです。また、臭いの原因菌が栄養とするたんぱく質を、固まらせる作用もあります。たんぱく質が固まってしまえば、原因菌は成長をすることが難しくなるのです。

ここもチェック!

ここで紹介したのは、あくまでミョウバンの力です。市販のデオドラント商品の中にはミョウバンの力を利用して開発された商品が多々あります。それらはミョウバンの力を最大限活かすとともに、他の成分も配合することでトータルに消臭力を高めているのです。
効果をしっかり感じたいのであれば、ミョウバンを利用した医薬部外品のデオドラントアイテムもあります。医薬部外品のデオドラントアイテムの中でも、クリームは持ち運びもしやすく、気になった時にさっと塗るだけで臭いを抑えられるので人気の高いアイテムです。



このページの先頭へ