わきが対策局

アルコールでわきが臭が強くなる?

アルコールは発汗を促します。この時に分泌される汗は、体温調節の際に分泌される汗と違って、臭いが強くなる傾向にあります。これは緊張した時に出る汗と似ていて、ベタベタとした汗です。体臭が強い人は、アルコールを飲む際に気をつけましょう。あらかじめクリームなどでケアをしておけば、汗を多くかいても臭いを防ぐことができます。

アルコールを飲むと臭う

ストレスによるホルモンバランスの崩れはわきが臭を悪化させる可能性があります。かといって、ストレス発散にアルコールを大量摂取するのは考えもの。アルコールでも、わきが臭が悪化するおそれがあるのです。

~アルコールを飲むと汗を異常にかく~Dさん・男性
私はアルコールを飲むと異常に多くの汗をかきます。飲み会から帰ると、シャツのワキは汗でじっとりしていて、嫌な臭いがします。お酒を飲んでいる時は酔いや楽しさで気がつかないのですが、知らないうちに隣の人に臭いがばれていたのではないかと思うと、飲み会が終わる度に落ち込んでしまいます。

わきがとアルコールの関係性

アルコールを飲むと「お酒臭さ」を感じることはありますが、なぜわきがの臭いにも影響が出るのでしょう。わきがの臭いとアルコールの関係性について解説します。

アルコールにより汗腺が刺激される
アルコールアルコールを飲むと汗腺が刺激され、わきが臭の原因となるアポクリン汗やエクリン汗の分泌が盛んになります。そのため、わきが臭はより強くなってしまうのです。また、アルコールはカロリーが高いため、体内で大量の熱を発生させます。体温があがり、更に多くの汗を分泌させてしまいます。
更にアルコールを摂取すると、体内ではアセトアルデヒドという物質が作られます。アセトアルデヒドは体温調節中枢に働きかけ、発汗中枢を刺激し、汗をよりかきやすくするのです。

アルコールを使った消毒はケアに効果あり

アルコールの摂取は、体内で臭いの原因を発生させてしまいますが、アルコールでの消毒は臭いを抑えるためには有効です。わきがの臭いはアポクリン汗が細菌によって分解されることで発生します。アルコールはこの細菌を殺菌する力が強いので、細菌を取り除き臭いが発生しにくい環境をつくることを助けます。消毒用に流通している「エタノール」などで、アルコール消毒することで、わきの嫌な臭いを抑えることが可能です。

殺菌作用があるが肌にダメージを与えるというデメリットも
しかしアルコールも使い方を考えなければいけません。アルコールには「揮発性」という力もあり、皮膚上の水分も同時に奪ってしまいます。アルコールを多用すると、皮膚が荒れてしまう恐れがあります。アルコールの力で臭いを抑える場合には、保湿効果のあるローションやクリームを併用すると良いでしょう。

わきが対策グッズの中にも細菌を取り除く成分を配合しているものがあります。それに加えて、保湿成分にこだわっている商品が多いです。中には赤ちゃんの肌に使うことができるような低刺激クリームもあるので、一度見てみてはいかがでしょうか。




このページの先頭へ