わきが対策局

自覚症状が難しいわきが~対策チェックポイント!

街中でわきがの人に出会った経験はあるのではないでしょうか。臭いを気にするそぶりを見せないわきがの人を見ると、「自分で気づいていないのだろうか」と不思議に思ってしまいますよね。わきがは自覚するのが難しい症状です。そのため、自分がわきがであることに気がついていないわきがの人が多いようです。

わきがに自覚症状はある?

わきがに自覚症状はある?
自覚することは実は難しいです。


わきがセルフチェック体臭は自分で自覚することが非常に難しいです。なぜなら、自分の臭いに慣れてしまって自覚ができない場合もあるからです。部屋の臭いを考えてみるとわかるかもしれません。普段生活している時には部屋の臭いは気になりませんが、一度外出をしてもう一度部屋に入ると、その部屋の臭いに気がつくはずです。わきがの人も「忘れ物を取りに戻った部屋で、今まで自分がいたその場所がとても臭いことに気付いた」など、部屋の臭いがきっかけで自覚をしたという話もあります。

また、人に指摘されて気がつく人も多いです。なかなか指摘することは難しいですが、家族や仲の良い友人に指摘してもらえたことで、自覚することができたという人も少なくありません。

一方で臭いを過剰に気にする事もよくありません。自己臭病という症状に陥ると、常に臭いのことが頭から離れずに、人と接することや外出することができなくなってしまう人もいるのです。自分の臭いについて正しく認識をして、臭いのレベルに応じた対策が必要でしょう。

>わきが自覚症状対策クリームはこちら

自覚する為にチェックすること

わきがでない場合にも過剰に臭いを心配してしまい、自己臭病に陥ってしまう場合があります。いくつかのチェックポイントを挙げてみました。当てはまるかどうか考えてみましょう。また、詳しいセルフチェック一覧もまとめています。更にチェックしたい人は下記リンクからセルフチェック一覧ページへ行ってみてください。

家族にわきがの人がいる
家族にわきがの人がいる場合には、遺伝で自分もわきが体質である可能性が高いです。わきがの遺伝は優性遺伝であるため、親がワキガである場合それを受け継ぐケースが多いからです。片親がわきがであれば50%の確率で、両親がわきがであれば70~80%の確率で子供はわきがになります。わきがの症状が出る時期は人それぞれなので、今まだ臭いが発生していなくても、そのうち発症する可能性もあります。

汗ジミが黄色い
汗ジミが黄色いのは、わきが体質の人が持っているアポクリン腺の働きが活発だからです。通常体温調整をおこなうエクリン腺の汗は99%が水で、ほとんどが水分です。そのため臭いや汚れといったものに繋がりにくく、汗ジミが黄色くなることも滅多にありません。シャツなど洋服の脇の部分に黄色いシミがすぐできてしまう場合、わきがである可能性が高いでしょう。アポクリン汗にはエクリン汗に比べて色々な成分が含まれているので、それが原因で黄ばみを発生させてしまうのです。

耳垢が湿っている
耳垢が湿っているのは、典型的なわきが体質の特徴です。わきがの人はアポクリン腺が活発に発汗をすることが特徴ですが、耳垢が湿ってしまうのは耳にあるアポクリン腺が働いているからです。そのため臭いレベルには個人差がある物の、わきがの体質であることはほぼ間違いないでしょう。

わきがかどうか確認をする→セルフチェック


このページの先頭へ