わきが対策局

わきがに悩む女性の対策法!

わきがというと男性のイメージがあるかもしれません。電車の中やエレベーターなど、人と近づくときに耐えがたい臭いを発しているのは大抵男性です。しかしわきが体質は男女関係なく存在します。女性でも同じようにわきがの人はたくさんいるのです。女性の場合はわきがケア方法を集めました!

女性のわきがの症状・悩み

27歳・会社員・女性
学生の頃に母に指摘されて、自分がわきがだと気がつきました。実は母もわきがでした。そのため母が早くから気がついていて、指摘してくれたのでした。本当にショックでしたが、母が使っていたクリームを塗り始めてからは自分で臭いが気になることはなくなりました。今でも自分で購入して使用しています。

30歳・パート・女性
自分の体臭が強いことは昔からわかっていましたが、わきがだとわかったのは30歳になってからでした。わきがは男性のものだと思っていた私は、まさか自分がわきがだとは思わなかったです。しかしある女性雑誌に書かれていた「耳垢が湿っているのはワキガ体質の証拠」という記事で、自分の耳垢が湿っているので気がつきました。今手術のことなど、色々と調べているところです。

24歳・会社員・女性
自分の臭いがずっとコンプレックスでした。女性なのに酷い臭いがすることに耐えられずに、家から出ることも辛くなりました。誰かと話していても、相手が自分の臭いに不快な思いをしているのではないかと常に不安でした。そこで、わきがを治すために手術をしました。大学3年の秋ごろです。怖い思いはありましたが、それほど悩んでいたのです。今ではほぼ臭いはしなくなりました。決心して手術をして良かったと思っています。

女性の方がわきが発症率が高いワケ

女性のわきがわきがを治療するクリニック調べによると、わきが患者の7割は女性というデータが出ています。それではなぜ、女性の方が多いのでしょうか。はたして、女性の方がわきがになりやすいのでしょうか!?

理由として考えられることは、女性の方が皮下脂肪が多く汗をかきやすい。甘いものが好きで糖分を多く取る傾向がある。ということが考えられます。そのことでニオイの原因となる汗が増えているのではないかという考え方です。

しかしわきがの原因であるアポクリン腺を遺伝的に持っているかどうかで見ると、男女で差はありません。そのため本来は女性の方がわきがになりやすいということは無いのです。

もう一つ考えられるのは、女性の方が臭いに敏感で美容に関心が高いからという理由です。男性はわきがをそのまま放置してしまう人が多いのに比べて、女性は早くからクリニックなどに行って解決しようとする人が多いです。そのため統計上、女性が多くなってしまっているのかもしれませんね。

わきがの対策方法を探す

わきが対策にはいくつか方法が考えられます。手軽におこなうのであればクリームが良いでしょう。わきがケアクリームである程度の臭いは抑えることができます。デートなど人と近づく大切な日があるのであれば、1週間前から毎日塗り始めることがおすすめです。塗り続けることで皮膚の最近の発生を防ぎ、臭いをより封じ込めることができるでしょう。
その他にも医療機関で治療する方法もあります。医療機関の治療にもいくつかの種類があります。


このページの先頭へ